Start image

Uniswap

Uniswapは、開発者・流動性プロバイダー、トレーダーがオープンに誰でもアクセスできる金融市場に参加できるようにします。

iconiconicon

概要

Uniswap流動性プロトコルとは?
Uniswap流動性プロトコルとは?

これは、Siemensの元機械エンジニアであるHaydenAdamsによって作られた分散型取引プロトコルです。Uniswapは最もよく知られているDeFiアプリケーションの1つであり、時価総額は常に上位10の暗号プロジェクトにランクされています。

Uniswapの基本

Uniswapは、ERC20ベースの暗号資産を交換するためのプロトコルです。さらに、独自のトークンUNIがあります。プラットフォームはHaydenAdamsによって2018年に開発され、Ethereumネットワークに基づいていたため、UniswapはEthereumをサポートするすべてのコインおよびウォレットと互換性があります。

取引手数料がかかってしまうサービスとは異なり、Uniswapプロトコルは公共財として機能すると主張しており、暗号コミュニティは手数料なしでコインを取引できます。

ユーザーはこのエコシステム内でトランスファーを処理するために第三者の干渉を必要とせずに、Uniswapでコインを交換できます。さらに、暗号保有者はトークンを流動性プールに貸すことで利益を得ることが可能です。

続きを読む

ロードマップ

2018年11月

プラットフォームはHaydenAdamsによって作成され、Ethereumネットワークに基づいていたため、ERC-20ベースの全コインやデジタル資産のウォレットなどのツールと互換性があります。これは、AMMの概念実証として展開されました。

2020年5月

同社はUniswapV2:新しいツールとサービスを導入し、AMMの採用を飛躍的に拡大するための準備を整えました。取引量は1,350億ドルを超え、最も重要なDeFiプロジェクトの1つになりました。したがって、時価総額で一貫して暗号通貨プロジェクトのトップ10にランクされています。

Uniswapは現在、分散型業界の重要な要素として機能しています。ITエキスパートと暗号ユーザーは、安全で明確なシステムに参加できます。

2020年9月

同社は独自のガバナンストークンを統合しました。Uniswap(UNI) と呼ばれ、時価総額は約117.3億ドルです。

統合により、プラットフォームの未来を形作ることが可能になります。コインにより所有者はプロトコル内での変更に投票する権利を得ることが可能です。

現在、他の暗号通貨・ステーブルコイン・法定通貨との主要な取引所での取引にアクセスできます。

2020年8月

Uniswapチームは「トークンリスト」オプションを追加しました。これは、ERC20トークンリストを作成するためのコミュニティ標準です。コインが含まれている評判の良いリスト数に基づいて、コインの正当性を確立するように設計されました。このオプションは、コインの満たす計画している投資家や組織にとって優れたソリューションです。

2021年12月
  • 同社は、顧客が代理人を見つけやすくするガバナンス向け新しいツールを統合しました。このシステムはチェーン上のアドレスをデジタルIDとリンクして、代理人リストを維持し、コミュニティの代表者と連携します。コミュニティが有意義な影響力を高め、少ないコイン保有者を巻き込むのをサポートすることを目的としています。

  • 最初に成功したガバナンス提案が実行され、エコシステム開発に投資するための助成プログラムが開始されました

2021年5月

同社は進歩を続けるDeFiエコシステムのニーズに対応しようと、いくつか新しいツールを備えたアップデート(Uniswap V3)を公開しました。集中流動性は、流動性プロバイダーがカスタム価格範囲内で流動性を共有できる機能を提供します。その結果、ユーザーは目標を達成するために多額の資金を投じる必要はありません。新しいコミッションシステムにより、ユーザーはリスクレベルをより細かく制御でき、改良されたオラクルは適正価格情報を提示します。

Uniswap 投資家

libertus-capitaldragonfly-capitalgalaxy-digitalparafi-capitalnima-capitallaunchub-venturesrockaway-blockchain-fundalamedia-researchblockchain-capitalspartan

Integrated protocols

top-bgtop-bg-mobilebottom-bgbottom-bg-mobile