1inch RabbitHole

サンドイッチ攻撃から保護する

Start image
DeFiリスク

DeFiリスク

フロントランニングはDeFiの最大の課題の1つです。スワップを実行するとユーザーがお金を失うからです。フロントランニングの最も一般的なタイプの1つは、「サンドイッチ攻撃」です。

厳密には違法ではないが、サンドイッチ攻撃とは、分散型取引所の基本技術を利用して、暗号資産の価格を操作する類のものです。サンドイッチ攻撃により、ユーザーの損失は膨大な額に及ぶ場合があります。

サンドイッチ攻撃

サンドイッチ攻撃

サンドイッチ攻撃を実行するために、特別に作成されたボットが使用され、トランザクション処理を待機する分散型取引所のメモリープール (mempool) をスキャンします。ボットが、高額のペンディングスワップ取引を検知すると、2つのトランザクションが発動します。一つは取引前に、もう一つは取引後に、被害者であるユーザーをサンドイッチする形です。被害者の取引の直前に最初の取引を取得するには、追加のガス手数料が支払われます。

大きな損失

大きな損失

その結果、被害者はスリッページ許容差 (技術的に失う準備ができている取引の割合) の全額を失います。

それから、ユーザーはサンドウィッチ攻撃により莫大な額の損失を被りました。それはすべてのスワップ取引のおよそ4%に及びます。2022年のこれまでの推定損失額は、少なくとも8億ドルに相当します。

1inch RabbitHoleで安全に

1inch Rabitholeとは、スワップ取引を直接バリデータに送り、サンドウィッチボットの標的となりえるmempoolに置かないようにすることでサンドウィッチ攻撃の問題を解決する機能です。

これを実現するために、RabbitHoleは、スワップ取引をバリデータに直接送信できるようにする、Flashbots、BloXroute、Eden、Manifoldなどのプロバイダーを集約します。

RabbitHoleは特にMetaMaskユーザーにメリットをもたらします。一部の暗号資産ウォレット (1inch Wallet、Ledger、Trezor を含む) はトランザクションを作成して署名することができますが、すぐにブロードキャストすることはできません。MetaMask はそうではありません。

Guide image

RabbitHoleはプロキシとして設計されており、1inchユーザーのMetaMaskウォレットとEthereumバリデータをつなぎ合わせます。その独自のアルゴリズムは、サンドウィッチ攻撃の脅威について1inchのスワップ トランザクションをチェックし、そのような脅威が検出された場合、トランザクションは集計プロバイダーの 1 つを使用してバリデータに直接送信されます。

お試し期間中は、RabbitHoleは無料で使用できます。コミュニティからのフィードバックを受け取るとすぐに、RabbitHoleの決済オプションに関する意思決定がなされます。可能なオプションの1つは、一定量の1INCHトークンをステーキングすることです。

MetaMaskユーザーへ

MetaMaskウォレットでRabbitHoleネットワークに切り替えなければなりません。このプロセスは、以下のスクリーンショットで説明されています。

metamask-user-image-1 metamask-user-image-2 metamask-user-image-3 metamask-user-image-4
  • MetaMaskで、[設定]>[ネットワーク]>[ネットワークの追加]と進んでください
  • 以下のパラメータを使用:
    • - ネットワーク名: RabbitHole
    • - 新規RPC URL: https://rabbithole.1inch.io/1
    • - チェーンID: 1
    • - 通貨シンボル: ETH
    • - ブロックエクスプローラーのURL: https://etherscan.io
ガイド

ガイド

1inch RabbitHoleを使用してスワップを保護する方法に関するステップバイステップガイド
ヘルプセンター
ドキュメンテーション

ドキュメンテーション

技術文書
ドキュメントポータル